【製品レビュー】最新世代AMD Ryzen 2000シリーズに対応したハイスペックマザーボード

外部出力端子を搭載しRyzen 7 2700Xのハイエンド構成から、Ryzen Gシリーズ等の内蔵グラフィックを使用したコストパフォーマンスの高い構成まで幅広くカバー。【札幌店】ドスパラショップ店員製品レビュー

今回レビューの製品はこちら

ASRock Fatal1ty X470 GAMING K4(X470 AM4 ATX DDR4)


開封の儀 ~ 付属品の紹介

内容物はマザーボード本体、マニュアル、ドライバCD、IOパネル、SATAケーブルx4本、
SLI HB Bridge 2S Card、M.2取付ネジx2本

M.2スロット部にこだわりを感じられるスロット配置

M.2スロットは、グラフィックボードの直下にならない配置になっており、M.2接続のSSDが熱で故障してしまうことを回避できる。
また、M.2接続SSD用のヒートシンクも標準搭載している点に感心。

Nvidia SLI & AMD CrossFire サポートで強力なグラフィック環境をサポート

PCI-Ex16スロットを2本使用し、2枚のグラフィックボードを挿すことで負荷の高い3Dゲームも難なくこなせる環境を構築できる。

カスタマイズ可能なイルミネーション

チップセットヒートシンク部分、IOカバー部分、拡張スロット部分がそれぞれ光り、付属ソフトの「POLYCHROME RGB」を使用することによりOS上から発行色のカスタマイズが可能。

オーバークロックにも耐えうる電源周り

高耐久12フェーズ プレミアム45Aパワーチョークを採用し、高負荷時のCPUへの電力供給を安定化させると共に、8ピン+4ピンのCPU補助電源を採用することでよりアグレッシブなオーバークロックにも対応可能。

ゲーミングユーザーからオーバークロッカーまで幅広く楽しめるマザーボード

今回のレビューを作成するにあたり、本マザーボードはASRockならではのこだわりが随所に感じることの出来るマザーボードだと感じました。

M.2が出始めた当初は、各マザーボードメーカーのスロット配置がグラフィックボードの直下になっており、熱によるM.2SSDの故障が多かったのですが、本マザーボードではその心配は要らないでしょう。

また、ヘビーな使い方でも安心して使えるマザーボードだと思いますので、オーバークロックやゲーミング用途以外でも、パソコンに高い負荷のかかる作業をされる方にはオススメです。

今回レビューの製品はこちら

ASRock Fatal1ty X470 GAMING K4(X470 AM4 ATX DDR4)


【ドスパラ札幌店 info】

この記事はドスパラ札幌店 ドスパラボで執筆しました。

ドスパラボとは・・・

店内ほぼすべての商品をご購入前にお試しいただけます。また購入したPCパーツをその場で組み立てることもできます。工具は無料でレンタルいただけます(要無料会員登録)。ご不明な点がありましたらショップ店員にお気軽にお尋ねください。